Home Top > ORPの概要 Top > 自然摂理は酸化の仕組み Top

  自然摂理は酸化の仕組み  

電子と電流の違い

 

 

自然摂理は酸化の仕組み。

だからこそ、体内を酸化させない

衣・食・住+メンタル面の食生活習慣が大切です。

 

■夏の電子は上空から地表に。

■冬の電子は地表から上空に。

■夏の電流は地表から上空に。

■冬の電流は上空から地表に。

 

酸化体(+)と還元体(-)が混在する電子(mV)

 (A)と(B)に±のmV情報が平衡状態になるまでには一定時間を要します。

その後、(A)の一極側にはOmV以下の情報が流れ、(B)の+極側にはOmV以上の情報が流れ、

平衡状態になったところで(A)-(B)=溶液の電位となります。 

例えば=A溶液-100mV、(B)+150mVの場合、150-100=50mVの溶液となるのです。

 測定対象溶液の電位差mVが酸化状態なのか還元状態なのかが重要になるのです。