理事長 大友 慶孝

おおとも よしたか

・ 山形県生まれ(埼玉県渡瀬村育ち)。
・ 神奈川県藤沢市在住。
・ ヒト唾液ORP測定装置の開発者。
・ 酸化還元電位指標の応用研究者。
・ 日本抗加齢医学会会員。
・ 食育アドバイザー。
・ NPO法人カラー応用支援協会 副理事長。
・ 知的財産権取得のための日本及び米国 著作権登録申請手続きに特化。
・ 「衣・食・住」における当法人事業システム及び関連特許ならびに米国著作権申請登録・日本特

      許出願を経て当法人設立に至る。
・ 1984年2月イースター島油絵取材で酸化と還元の重要性に気付き、地球の環境クリーニングは

    「落雷」に起因するという新説を公表。
・ 身体の酸化と体調の相関関係について強い関心を示す。イースター島の自然の神秘をテーマに

      50号~200号の油絵100景に取組む画家(現在92景完)。酸化還元電位指標の開発・応用研究に

      取組む。

・ イースター島での落雷現象の体験から、21世紀は必ず「酸化と還元」の時代になると直感し、自

  然摂理における化学変化と現象に強い関心を持ち、1984年に研究・実験の取り組みを開始。発想

  から30年を経て「ヒト唾液の酸化還元測定装置(ORP)」開発に成功。さらなるORP測定装置開発

  として、空気ORP、土壌ORP、水質ORP、樹木ORP、魚介類ORP、動物生体液ORPの技術的理論

  と応用について各測定検証中。(米国著作権申請登録済み、日本特許出願中。)

・ 注射針、鍼灸鍼体、歯科インプラントの人体に装填するときの右回りの回転軸は、受け手側には

  体内負荷となる左回りの伝播となる回転軸で、慢性疾患者は、日本列島が右回りの高気圧で覆わ

  れているときには体調不良を訴えない。左り回りの低気圧、台風、突風、竜巻は人間の生体には

  負荷となり、慢性疾患者は、頭痛・めまい・関節痛など体調不良を訴えることに岡澤美江子医師

  との唾液臨床の過程で気づき、自然界ではエネルギーを伴う地球浄化、リセットであるとの考察

  から、注射針、鍼灸鍼体、歯科インプラントを左ネジ切りのらせん回転形状を知的財産権とし

  て、米国著作権申請登録・日本特許出願中。自然摂理は永久の真理として自然の現象を注意深く

  観察することが楽しいとのことである。

■著書ーー「心を元気に家族に笑顔」ー体調度認定講座NPOはぁとけぁ刊/○天の配慮ー命の源流を探

 る岡澤美江子医師と共著で書籍およびデジタル書籍(Amazon)/○イースター島写真集ー出版社/指先

 のファンタジー:玄同社刊。
■大友慶孝 毎月執筆中:新連載スタート『酸化還元電位で見るアンチエイジング』ーアポロニア21

 出版社:日本歯科新聞社。

Home Top > 法人情報 Top > 役員紹介 Top > 理事長 大友 慶孝