1、消費者に明確な商品選択手段とは?

 

私たちは日頃、多くの危険(事故、災害など)と紙一重の差で生活を営んでいます。特に食品は私たちの体の健康に直結していますから、多くの人たちは食品を選ぶとき、どの食品が安全で安心できるか選ぶわけです。食品事故などあってはならない事なのです。

なぜなら、パッケージに記載されている注意書きや成分表などを読んでも、本当に安全で安心できるかと言えば、納得できるものはありません。

何故かと申し上げれば、全ての食品が安全審査を通過した食品で健康を害する食品は販売されていないと言う事になっています。

なぜ、消費者は添加物や農薬、化学肥料などをあまり使用しないものを選ぶのでしょうか?

それは、消費者が自分の健康や子供のために安全で安心できる食品を選んでいるからに違いありません。

衣食住において当法人では、そこで、消費者の体調を元気な方向に導く還元(抗酸化作用)商品であるかを一目見て、納得して選ぶ事が出来る方法を提供することができます。

開発企業の皆様にとりましては、消費者に沢山の商品の中から抗酸化(アンチエイジング)の影響を数値化で証明された商品として明確な選択手段を提供できることになります。

 

2、他に類の無い還元検証票とは?

 

商品の決定的な選択基準を確立できました。

商品の安全・安心、又はJAS規格で定めた有機栽培物であるかを検証するのではありません。

私たちが提供できる方法とは「酸化還元測定検証」です。

つまり、ある食品を食べる、又は商品を使用しての体感で体が酸化するか、還元するかの違いを人の唾液によって測定し、数値を示し、その数値の度合いによって酸化還元度合いを検証するのです。

食品が還元(抗酸化作用)するもので作られている商品は、それらを食べた30分後、血液を通して唾液は産生されることから、唾液測定で体が酸化状態か還元状態になっているかどうかが分かるのです。商品に還元効果がある場合のみ、その商品に貼り付ける「還元検証票」を発行しています。この「還元検証票」は他に類がありません。

 

3、検証票が生まれた訳。

私たちが食べる食品で本当に還元(抗酸化作用)のあるものは一体どれほどあるのでしょうか?

これは衣食住における体感、又は摂取後における人間の唾液の酸化還元電位測定してみなければ分かりませんが、商品を測定し、還元効果があり、検証票を貼る事によって、その食品は当法人で安全安心を測定検証したものであるという確証が得られるのです。

その商品の還元効果を立証するための「還元検証票」であり、多くの消費者に知らしめるものとなります。

当法人は消費者が商品を選ぶ還元(抗酸化作用)の基準の一つになればと思い、「還元検証票」を発行しています。「還元検証票」が貼られている商品は消費者の還元(抗酸化作用)を追求する姿勢を反映した還元商品の証であるのです。

 

4、検証票の発行まで。

(参考図)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・対象となる検証モニターについて、ご案内致します。

詳細は、このボタンをクリック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、唾液で測定する酸化還元検証は世界初です。

 

酸化還元を人間の唾液検証する医療機器(厚生省認可)は当法人の理事長である大友慶孝氏が日米特許取得し、

岡澤美江子MDとの共同研究による唾液ORP臨床によって開発した医療機器です。

この方法での測定は世界初と言えます。

このシステムは、米国著作権申請登録されており、日本での特許出願中。

それ故、この方法で測定検証した商品に発行する

「酸化還元検証状」・「還元検証票」も世界初という事になります。

 

6、「酸化還元検証状」および「還元検証票」対象企業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検証状の見本(B4~A3判)

 

還元検証票(シール)とは、「G検証、又はS検証」が付与される重要性

「G検証、又はS検証」とも強い還元作用が評価されたことに優劣はありません。

 

検証を受け「G検証、又はS検証」を付与されたことは、体感、又は摂取後における人間の唾液の酸化還元電位(ORP)測定で、

身体の酸化(サビ)を軽減し、酸化に対抗する強い還元を示し体調を整える作用を発揮するという認定を受けた商品です。

 

「G検証」および「S検証」ともに、体内の酸化(サビ)を軽減し、

体調不良を体調良好に導く極めて強い還元作用を発揮する商品であることを意味します。

 

商品には、瞬時に五感に作用し30~50分にわたり自律神経の交感神経と副交感神経のいずれかに酸化還元作用するものと、

腸に吸収され身体の全ての細胞に影響を与え、60~90分にわたり酸化還元作用を示すものがあります。

 

重要なのは、「G検証」および「S検証」とも、体内の酸化(サビ)を軽減し、

体調不良を体調良好に導く極めて強い還元作用を発揮する商品であることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検証シールの拡大図(実寸:左右2.5㎝×天地3㎝)

 

■製品に貼る還元検証票は、商品に還元(抗酸化作用)がある場合のみ、その商品に貼り付ける「還元検証票」を発行しています。

 

■このシステムは、米国著作権申請登録済み。日本特許出願中。

 

7、還元検証票対象製品例(詳細は、別紙カタログ添付を参照願います)

 

A 食品などの消耗品

●水(清涼飲料水)類

●ジュース類 

●お茶類

●コーヒー類

●アイスクリーム類

●スポーツドリンク類

●アルコール類

●豆乳飲料類

●植物性食品類

●パン類、麺類、乾燥食品類

●菓子類等類(生菓子類と菓子類に分けられます)

●生菓子類

●菓子類

●健康食品

・健康食品(機能性食品)サプリメント(栄養素の補給や健康の維持増進が目的)

・冬虫夏草液・松葉原液エキス等。

・保険機能食品(トクホ)コレステロール 

 ※おなかの調子を整えるなどを標榜して販売できる。・特別用途食品(疾病用食品、高齢者用食品、育児用粉ミルク)は対象としない。 

 

B 化粧品

・口紅、リップクリーム、基礎化粧品など

 

C 住宅などの耐久商品

・木材など

 

D 衣類などの耐久商品

 

E 機器類(水のサーバー)などの耐久商品

 

F その他の商品

 

8、酸化還元測定の事

 

現在、唾液で酸化還元測定を行うための機器は、当法人の理事長である大友慶孝氏が日米特許を取得している医療機器でしか

行うことが出来ません。様々なメディアに取り上げられております。

 

 


 

  検証票の発行方法  

Home Top > 事業内容 Top > 検証票の発行方法 Top